FindBooks – ビジネススキルを伸ばす本がここに!

厳選したビジネス関連書籍を中心紹介、オススメするキュレーションサイトです。

同期とシェアではかどる仕事術!「クラウドHACKS」

   

クラウドという仕組みが広がり、オフィスの外でも仕事ができるようになってきました。本書では、このクラウドを活用した仕事とクラウドにより可能になったノマドワークの活用法について主に紹介しています。

クラウドワーク・ノマドワークに関心のある、著者と同じくiPhone・iPadユーザーの社会人の人は、気軽にパラパラと見てみてはいかがでしょうか。きっといい気づきがあると思います。

データをクラウドに

クラウドワークをはじめるには、まずPCのデータをクラウドに引越しする作業が必要です。

本書で紹介されているのは「Dropbox」というサービスで、ここに保存したものがすべてクラウド上にバックアップされるシステムです。これにより、PCでも外出先のiPadでもデータを見ることが可能になります。

また、紙の書類をスキャンしてデジタル化すれば、大量の書類から開放されます。さらには、書籍も自炊をし、PDFデータにしてOCR(文字認識)も行なっておけば、手持ちの書籍が検索できることになります。

PDF化に自炊した書籍の活用法としては「インデックス読書法」が紹介されています。

インデックス読書法とは

これはAcrobat(AdobeのPDF編集ソフト)に備わっている「しおり」機能を活用するものです。

読んでいてピンとくる部分を選択し、右クリックしてしおりを追加すれば、左側に選択した文章がインデックスとして一覧できるという機能。これにより、自分用の目次が作れる、再読するときに時間を大幅に短縮できるといったことが可能になります。

 

情報ツール

TwitterやNAVERまとめなどたくさんの情報が集まるツールを積極的に活用します。書籍と違いこうしたツールは「リアルタイム性」に優れ、波及効果も期待できます。

また、共有したりお気に入りをまとめておくこともでき、最新の情報収集にはうってつけです。こうしたツールにはそれぞれリアルタイム性に優れている、本の情報に特化している、料理の情報に特化しているといった特徴があるので使い分けることがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

ノマドワークスタイル

様々な現場を移動しながら仕事をするスタイルのことをノマドワークスタイルと呼んでいます。このスタイルの場合、現地にいける、生の情報を収集できるといった点から、予想外のイノベーションを起こすことも可能です。

ノマドワークに欠かせないのは場所の確保。

ネットで「電源カフェ」を検索して調べたり、お気に入りのスポットを見つけたりすることで、自分なりのノマドワークスタイルを確立していきましょう。ネット環境も不可欠ですので、3G回線やWiFiなどを駆使して快適な通信のための準備も必要です。

 

クラウドを活用した時間管理術

スマホやパソコンで情報が同期できるツールとしてはGoogleCalenderがあります。

これに仕事の予定だけでなく、書類を作成したり資料を読んだりする「自分へのアポ」も入力することで、より明確にスケジュール管理ができるようになります。また、GoogleCalenderのメモ機能に詳細を残したり、GmailのTodo機能を使ったりすることで、業務連絡やTodo管理も可能です。

 

チームでクラウドを利用

先ほどのGoogleCalenderは仕事の共有にも一役買います。チームメンバーが外で作業をしている場合、各自がスケジュールを連動させるなら、業務内容や予定が他のメンバーに伝わるようにできます。

また、Dropboxに作業の進捗に合わせたフォルダを作成し共有することで、プロジェクトがどのフォルダの段階にいるのか、どんな作業が必要なのかを把握できるようになります。
このとき、ファイル名などのフォーマットを統一するようにしましょう。

 

アウトプットを鍛えるには

たくさんの情報を収集しても、アウトプットしなければ意味がありません。アウトプットの力をつける方法のひとつとしてはTwitterで「わからない」と思うことをつぶやき、自分の意見を書いていくものが紹介されていました。

そこに新しいアイデアが眠っているものです。

発信するTwitterと反対に「プライベートライディング」という人に見せないで、頭に浮かんだものをひたすら書き出していく方法もありました。ロジックで物事を考えると、生まれるアイデアには限りがありますが、この場合は自由な発想になるため、斬新なアウトプットを期待できます。

 

紙もまだまだ使える

クラウドも万能ではありません。

とっさのメモや絵を描きたいときなどは、まだまだ紙が使えます。紙の資料は日付をメモし、データ化することで、クラウドとアナログの融合も可能です。

 

早速クラウドを活用して、ノマドワークに挑戦してみましょう!

 - ビジネスライフ, ライフハック・整理術 , , , ,

  関連記事